福井市大名町通り商店街商店街紹介

メニュー

福井藩政時代、「大名町の内」には上級武士が住む武家屋敷が並んでありました。その南半分が現在の佐桂枝中町で 北半分が佐桂枝下町にあたります。今も残る大名町の名称は、1万石以上の大名の武家屋敷が並んだ通りを「大名広路」と呼んだことから由来し、道幅は城下では最大の10間(約18m)ありました。結城秀康は越前国68万石を支配した大大名ですが、このような1万石以上の家臣を見事に並べた城下町は全国にもほとんどなく、大名町という名が残っているのは唯一福井だけだそうです。現在、新名称でつけられている「フェニックス通り」(※)という名より、昔からの「大名町通り」と呼ぶ方のほうがずっと愛着があるように思えます。
(※)立て続けの戦震災で、壊滅的な被害を受けた福井市が不死鳥(フェニックス)のごとく、すぐさま復興したことを象徴して「フェニックス通り」と名づけられました。

加盟店一覧

その他加盟店一覧

  • 旭エレクトロン
  • ホテルフジタ福井
  • 高橋クリーニング
  • 商工中金
  • セブンイレブン福井大手3丁目店

商店街一覧へ戻る