ピックアップ情報

メニュー

お菓子処 丸岡家

呉服町中央商店街振興組合











お菓子処 丸岡家は昭和11年(1936年)創業。
店名の由来は、福井・片町にあった氷屋『丸岡家』です。
お菓子処 丸岡家の創業者がそれまで働いていたのが氷屋『丸岡家』でした。
その氷屋が店をたたんでしまい、せめて名前を残したくて命名したそうです。




















三代目の竹内健人さん。厚生労働省認定のものづくりマイスターでもあります。




竹内さんはお店でのお菓子づくりは勿論ですが、地域でお菓子づくり教室を開いたり、天谷調理師専門学校や大原学園・職業系の高校で製菓指導もされています。
「和菓子・洋菓子をつくる職人がこの先 増えて欲しい。」
竹内さんの切なる願いです。



季節は初夏。




冷たいお菓子の季節ですね♡
涼をいただきたいですね♡

ありました!ありました!



(価格は全て税込表示です。)



















わらび餅は2種類ありましたよ。

こちらは、なめらかなわらび餅に京都産のきなこをふんだんにまぶした『黄金わらび餅』




こちらはもっちりとしたわらび餅に福井産のきな粉をあぶった焦がしきな粉をしっかりまぶした『黒わらび餅』




みなさんは黄金と黒、どちらのわらび餅を食べたいですか?
私は… 両方!



丸岡家といえば、こちら!




↑ 丸くないバームクーヘン『和風ばぁむくーへん』
それから、
↓ 県内外のおみやげに大人気の『はっくつバウム』




竹内さんと、二代目の竹内さんのお父さんの、お菓子を愛するが故の喧嘩から心をひとつにして完成した 円形ではないまっすぐなバームクーヘンです。




『はっくつバウム』は日本中にファンがたくさんいます。




かわいいファンレター。これには竹内さんもメロメロでした。


『和風ばぁむくーへん』『はっくつバウム』は共に生地には福井産の新鮮な鶏卵、徳島県産の和三盆を使っています。


1本は多い、という方にはカットしたものもありますよ。




口当たりも体にも優しいバームクーヘンを是非食べてみてください。



その他にも和菓子・洋菓子が40種類ほど店頭に並んでいます。








甘いものは人を幸せにします。
素材にこだわり、身体に良いものしか使わない丸岡家のお菓子。
季節をお菓子で感じてみてはいかがでしょうか。




お菓子処 丸岡家 福井市春山2-18-18
tel・fax 0776-22-5394
営業時間 8:30〜19:00
定休日 火曜日


ピックアップ情報一覧へ戻る